コロコロラボ

よくある質問
お問い合わせ
株式会社COROCORO LAB > コラム一覧 > SEO対策と深く関わるトピッククラスターとは?メリットなど解説!

SEO対策と深く関わるトピッククラスターとは?メリットなど解説!

2022/03/09

最近注目されているトピッククラスターという言葉をご存知でしょうか?SEO対策と言えばキーワードが重要視されていましたが、同じくらい重要視されているのがトピッククラスターです。

今回の記事では皆様がトピッククラスターについてよく思う疑問である、

「トピッククラスターって何?」

「トピッククラスターのメリットは?」

「トピッククラスターを作りたいけど作り方が分からない…」

について徹底解説していきます!トピッククラスターを導入してGoogole評価を高めましょう!

トピッククラスターとは?

トピッククラスターとはトピッククラスターはトピッククラスターモデルやトピッククラスター戦略と言われています。トピッククラスターの概要について説明します。

トピッククラスターとは

トピッククラスターとはキーワードではなくトピックに重点を置いてコンテンツをまとめることによって、コンテンツ全体や各コンテンツのSEO評価を高める戦略です。

トピッククラスターはユーザーにとって分かりやすい構造になるだけでなく、検索エンジンからも上位表示されやすくなります。

トピッククラスターの3つの要素

トピッククラスターモデルは3つの要素、ピラーページ、クラスターコンテンツ、内部リンクで構成されています。それぞれについて説明していきます。

ピラーページ

ピラーページとは、コンテンツの核となるメインのコンテンツのことです。例えば「SEO対策」のようにそこからSEO対策について掘り下げられるようなビッグキーワードを言います。

クラスターコンテンツ

クラスターコンテンツとは、まとめ記事のピラーページをより詳細に掘り下げたページのことを言います。ピラーページが「SEO対策」の場合、「YMYL」「カニバリゼーション」のようなミドルワードを扱います。

内部リンク

内部リンクは、関連性のあるピラーページとクラスターコンテンツを内部リンクで張り巡らすことで、1つのまとまりとして構成され評価されやすくなります。この時、全てが関連している記事であることをGoogleが認識できるようにする必要があります。

トピッククラスターはビッグキーワード「ピラーページ」とミドルキーワードの「クラスタ〜コンテンツ」、それぞれを繋げる「内部リンク」で構成されています。

トピッククラスターのメリット

SEO対策先ほどはトピッククラスターの概要について、トピッククラスターのメリットについて説明していきたいと思います。

サイト構造が分かりやすくなる

トピッククラスターを導入することで1つのまとまりのある構造ができます。サイト構造が明確になるとユーザーの利便性が高まりサイト内の滞在時間が長くなることで、サイトの評価が高くなる可能性があります。

また運営側も情報の仕分けができるため、カテゴリごとに情報を管理しやすくなります。

1つの記事が評価されると他の記事の評価も上がる

トピッククラスターを導入した場合、1つの記事が評価されると内部リンクで繋がっている他の記事も評価されやすくなります。今までのキーワード対策ではコンテンツ同士の関連性が薄く、コンテンツ単体で評価されていました。

1つの記事で高評価を受けても、関連のある記事の評価を集めることは難しいと言えます。

ロングテールキーワード戦略が実施できる

ロングテールキーワードとは複数の単語を組み合わせている検索キーワードで、ニッチキーワードやスモールキーワードとも言われています。ビッグキーワードは主に1語だけで検索し月間検索ボリュームも多いことが特徴ですが、ロングテールキーワードは月間検索ボリュームが少ないことが特徴です。

ロングテールキーワードはページごとの評価で上位表示が狙えるため、クラスターコンテンツのページを作り込むことで、サイトドメインが弱くても上位表示を狙うことができます。

トピッククラスターの作成方法

トピッククラスターの概要やメリットについて紹介しました。次はトピッククラスターの作成方法について説明していきます。

記事を分類する(既存のコンテンツがある場合)

すでに複数の記事がある場合、コンテンツをジャンルごとに分類しましょう。後ほどメインジャンルを決定するため、この段階ではざっくりした振り分けでも問題ありません。

ピラーコンテンツを選ぶ

ジャンル分類後はトピッククラスターの核となるピラーコンテンツのビッグキーワードを選びます。ここでのポイントはピラーコンテンツで概要を書ききれないような広い範囲で設定しないことです。

ピラーコンテンツはユーザーの疑問を一部解決して、クラスターコンテンツで詳しく書くようにしましょう。

クラスターコンテンツを選ぶ

クラスターコンテンツのミドルキーワードを次は決めていきます。クラスターコンテンツはピラーコンテンツをより詳しく掘り下げたニッチな情報を取り扱いましょう。

ここで大まかに設定してしまうとキーワードカニバリゼーションが起こり、トピッククラスターやコンテンツ全体の評価を下げてしまう可能性があるので気をつけましょう。

内部リンクを見直す

ピラーコンテンツとクラスターコンテンツが決まった後は内部リンクをどのように結ぶかを考えるだけです。

関係のないリンクを削除して再度リンクをつける作業は手間と時間がかかりますが、トピッククラスターの各コンテンツにリンクがついていないとトピッククラスターのメリットが活かされないので必ずリンク付けしましょう。

新規記事を作成する

新しいコンテンツを作る際は以下の点を意識して作成しましょう。

・コンテンツをトピッククラスターのどこに設定するか
・ピラーページと関連があるようにリード文を設定する
・文字数を意識した記事を作成する

文字数についてSEO評価の基準に文字数はありませんが、文字数が2,000文字程度と少ない場合は内容が薄いコンテンツとして判断されることもあるので気をつけましょう。4,000文字以上の文章を意識しましょう。

また無理に文字数を増やして内容が薄くなってしまうと評価されにくいため、ユーザーに価値のある高品質なコンテンツ作りが重要です

評価の高いトピッククラスターを作るポイント

それでは評価の高いトピッククラスターを作るポイントについて説明していきます。

ピラーコンテンツを最初に考える

今までのSEO対策ではSEOキーワードを選ぶ方法が主流だったため、ついついクラスターコンテンツから考えてしまいがちです。ですが、トピッククラスターはピラーコンテンツがコンテンツの核となり、ピラーコンテンツなくしてクラスターコンテンツは成り立ちません。

クラスターコンテンツから高評価を取る

トピッククラスターはピラーコンテンツが評価されることが理想的ですが、多くの情報を入れる必要がありピラーコンテンツの上位表示を狙うのは難しいと言えます。クラスターコンテンツでは元から掘り下げてコンテンツが作られているため、そちらが評価されれば必然的にピラーコンテンツや他のクラスターコンテンツも評価されると考えられます。

最初からピラーコンテンツで上位表示を狙うのではなく、クラスターコンテンツの評価からコンテンツ全体の評価を高めることも検討してみましょう。

目標設定があっているか確認する

トピッククラスターを作成してもサイトの目標を達成していなければ、いくらランキングが上がっても意味を成しません。ユーザーを顧客にしたいことが目的なのか、ユーザーにとって価値のある情報をアピールすることが目的なのかなど目標を明確にすることで適切なトピッククラスターを作成するようにしましょう。

目標に照らし合わせながらトピッククラスターを作成して、結果を確認することで本当にそのトピッククラスターが役に立っているのか分かります。

まとめ

今回の記事ではトピッククラスターの概要やメリット、作り方などについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?トピッククラスターは今までのSEOキーワードと異なり、より広い形でコンテンツ全体の評価を上げる方法です。

既存のコンテンツが多いとトピッククラスターを作成するのに時間がかかりますが、その分大きな効果の期待ができます。是非トピッククラスターを導入してGoogle評価を上げてみてください。

CONTACT US

お問い合わせはこちら

当社へのお問い合わせは下記
お問い合わせフォームよりお願い致します。